イタリアン・スクーター・JT工房


ジュンタローと申します。横浜市鶴見区で、趣味と実益を兼ねて、イタスク・台湾スクを中心に、メンテ・改造しています。周りに診てくれるショップがなくお困りの方、お気軽にご相談下さいね(**@gmail.com)。
by koha67
カテゴリ
全体
ジレラ・ランナー
イタルジェット・ドラッグスター
ピアジオ・ZIP
アプリリア・エリア51
プジョー・スピードファイト
マラグーティ・F12ファントム
PGO・PMX
キムコ・スーパー9
ヤマハ・マジェスティ125
アプリリア・スポーツシティ
キムコ・グランドディンク
デルビ・GP1 250
ジレラ・タイフーン
アプリリア・SR50
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
プロフィール
車メーカーの技術屋や、イタリアン・バイクの整備士などを経験しつつ、現在は趣味でイタリアン・スクーターや台湾スクーターにハマっております。マイナーなバイクゆえに、診てくれるバイク屋がなく、困ってる人の助けになればと思い、ブログで整備&改造のネタを紹介しております。自力ではちょっと・・という方は、本業の合間になってしまいますが、ガレージでの整備&改造も承っております。お気軽に、下記アドレスまでご相談下さい。by ジュンタロー(**@gmail.com)
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アプリリア・エリア51(Aprilia AREA51) インプレ

b0160295_638375.jpg

51ccじゃありません(^_^;)。50cc原付です。名前の通りUFOをイメージしたという、世界一美しいスクーターかも。流れるようなデザインに惚れます。フロント片持ちも、見えないリアサスも、この流れるようなデザインのためでしょう。細かい所までコダワったデザインは、イタ車ならではですね。デザイン重視によるマイナス要因は色々ありますが、このデザインに惚れ込んだら買いましょう♪(こればっか(^_^;))
エンジンはメジャーでハイパワーな高回転ミナレリ・ヤマハです。流麗なデザインに反して、ウォンウォンとせわしなく回りながら、80km/hオーバーします。ヨーロッパ車典型のハイギヤ設定なので、出だしは鈍く、50km/h以上から元気になって来ます。
前後ディスクブレーキは、効き・コントロール性共に文句なしです。あ、一見2灯ライトですが、実は1灯なんです(^_^;)。
b0160295_5432871.jpg

(長所)
・立派な車体。ヨーロッパ原付の中でも大きい方で、とても原付には見えないですね。
・エレガ~ントなデザイン。このデザインのために、短所が増えたかも(^_^;)。カウルの取り付け方が複雑になったり、メンテしづらくなったり。しかし、こういったデザインありきの考え方は、絶対に日本車にはない魅力です!純正リアフェンダーは流れるデザインを崩しているので、ぜひフェンダーレスにしたいバイクです。それと、フロント・アッパーの黒い部分は、実は半透明になっているコダワリのデザインです!LEDで中を光らせて、UFOっぽくしろ!という事なのかな?(^_^;) 
・エンジンは水冷ミナレリ・ヤマハ。ヨーロッパでは、ピアジオ・ハイパー2プロと並んで、超メジャーな水冷2ストエンジンなので、チューニングパーツは豊富です。国産JOGパーツも流用可能です。金を掛ければ掛けただけ、ドンドン速くなる感じですね。もちろん、耐久性は犠牲になりますが・・。カウルを外した時に、ちょっと意外に思ったのは、フレームのステッカーに日本仕様とあった事。ちゃんと各国分けて作ってるんだぁ。
・外装ネジはステンレス。スポシテも同じステンビスを使ってるので、アプリリアの主義なんでしょうか?コストは上がりますが、見栄えが良く錆びないステンを使うなんて、実に好感が持てます!
b0160295_544353.jpg

(短所)
・せわしいエンジン。伸びやかなデザインに反して、回りっぱなしでせわしいエンジン。ちょっと疲れます。デカくて重い車体を、50ccで走らせるのですから、仕方ないですね。でも、スポーツスクーターではないので、4st125ccくらいのエンジンで、シットリ静かに走りたい感じ。もしもう少し売れてくれたら、出てたかもしれないですね。販売期間は2年なかったと思います。
・チョークレバー付き。なんとコイツのデロルトキャブはオートチョークではありません!ハンドルの左にチョークレバーが付いてます(^_^;)。しかし、国産キャブに交換すると、どうせマニュアルチョークになってしまうので、このレバーは逆に使える長所に変化するのでーす♪
・ヘンなポジション。私は165cmと小柄なので、シートの一番前に座ってしまいます。ハンドルの角度も何だかピンと来ません。ヨーロッパ人並みの体型だったら、問題ないのかもしれません。
・座りづらいシート。硬い表皮は経年劣化で破け易く、ブレーキの度に滑ります。モッコリした形もお尻にシックリ来ません。そのためか、中古車の多くは張り替えてありますね。
・ユラユラ・サス。突き上げがあるくせに、速度を出すとユラユラ揺れ続けます。前後ともビチューボに換えたところ、かなり良くなりました。どの車種でも、ビチューボは万人ウケする良いサスです。迷ったらビチューボ!
・ハッピーメーター。60km/hで70km/hを差し、最高速は95km/hを表示してビックリしますが、実は82~3km/hです。同じエンジンのファントムと、最高速はやっぱり同じですね。
・変な挙動のフロント。プジョーと違って、こちらは癖があります。構造はソックリですが、チューニングが出来てないのでしょう。左ばっかり重いので、フロントタイヤを持ち上げると、凄い勢いでハンドルが左に切れます。走ってる時も、左には良く曲がりますが、右はあまり曲がろうとしません。特にゆっくり右折する時やUターンする時は、意識して右に切らないと、転びそうになるくらい不自然です。そうは言っても、慣れるレベルなのでご安心を~(^_^;)。直進で手を離しても、ちゃんと真っ直ぐ走りますよ。
それと実測90km/h付近から、ハンドルがブルブルします。これは、同じ構造のフロントを持つプジョーも一緒。実際のキャスターが、かなり立ってるのが原因かもしれません。フロントタイヤを細くしたら、消えるかな。
b0160295_640810.jpg

b0160295_5442746.jpg

[PR]

by koha67 | 2009-09-06 02:29 | アプリリア・エリア51
<< ジレラ・ランナーVX(R) 4... フォークオイル・フラッシング交換 >>