イタリアン・スクーター・JT工房


ジュンタローと申します。横浜市鶴見区で、趣味と実益を兼ねて、イタスク・台湾スクを中心に、メンテ・改造しています。周りに診てくれるショップがなくお困りの方、お気軽にご相談下さいね(**@gmail.com)。
by koha67
カテゴリ
全体
ジレラ・ランナー
イタルジェット・ドラッグスター
ピアジオ・ZIP
アプリリア・エリア51
プジョー・スピードファイト
マラグーティ・F12ファントム
PGO・PMX
キムコ・スーパー9
ヤマハ・マジェスティ125
アプリリア・スポーツシティ
キムコ・グランドディンク
デルビ・GP1 250
ジレラ・タイフーン
アプリリア・SR50
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
プロフィール
車メーカーの技術屋や、イタリアン・バイクの整備士などを経験しつつ、現在は趣味でイタリアン・スクーターや台湾スクーターにハマっております。マイナーなバイクゆえに、診てくれるバイク屋がなく、困ってる人の助けになればと思い、ブログで整備&改造のネタを紹介しております。自力ではちょっと・・という方は、本業の合間になってしまいますが、ガレージでの整備&改造も承っております。お気軽に、下記アドレスまでご相談下さい。by ジュンタロー(**@gmail.com)
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:ジレラ・ランナー( 3 )


ジレラ・ランナーRST(Gilera Runner) インプレ

b0160295_7363458.jpg
b0160295_7442830.jpg
RSTとSTの違いですが、カウルやスクリーン、キャリアの大きさくらいみたいです。STの方が、スポーツ性より快適性を重視した感じなってます。巷では、RSTの外装パーツに入れ替えて、スポーツ性を強調するのが流行ってるみたいですね。
私としては、通勤での快適性を求めてSTを買うくらいだったら、スポーツシティを選択した方が、より速く快適だと思います・・。週末はワインディングを楽しみたいという考えもあるならば、確実にSTですね!(スポシテは、実用性主体で、走りの方はイマイチ楽しくないので・・(^_^;)。)

さて、インプレです。旧型4stランナー(VX,VXR)では、前後12インチだったタイヤが、前14・後13インチになった事が、ランナーの方向性の大転換を物語っていると思います。旧型はかなりクイックな味付けで、コーナー中の独特のフラ付き感に、不安を感じる人が多かったようです。新型の方は高剛性なフレームと大径タイヤのお陰で、コーナー中にギャップを踏んでも、驚くほど安定しています。安心して高速コーナーも攻めて行けますね。その反面、旧型のようにクイックに曲がる事が出来なくなりましたが、どちらを重視するかは、乗り手の好みでしょう。

ヒラヒラとした軽快感は、RST・STも健在です。国産の中型スクーターでは味わえないランナーならではの気持ち良さですね。当然、シグナルダッシュではすっかり肥大した国産ビグスクを軽く引き離す事が出来ます。
ただ、軽量な車体の割りに、出だしで一瞬のモタツキがあります。この問題は旧型も同じで、マロッシのバリエーターを入れる事で、簡単に解決する事が出来ちゃいます。

旧型ではお話にならなかった硬いリアサスペンションは、RST・STでは改善されましたね。特に変えなくても良いかな?と言った感じですが、ビチューボはオススメです。ラインナップに載ってませんが、旧型用がそのまま取り付けられます。良く動いて腰もありますよ。ビチューボはどのバイクでも実に好印象ですね~。

このRST・STでもっとも特筆すべきポイントは、ポジションの良さです!旧型は、シートの形と材質が悪く体がズレやすいので、張替えをしている人が多かったのですが、このランナーでは、形状も表皮も文句なしです。ブレーキで体がズレる事もなく、コーナーリングでは、グッと腰を入れ易い絶妙な形をしていて、バイクとの一体感を得られます。
ステップの位置も旧型と違って文句なし!スポーツ走行をする時は後ろ寄りに足を置いて踏ん張りますが、これもまた絶妙な所にステップが伸びているので、腰が安定します。コーナーリングが楽しくなりますね♪

最後に気になるポイントはマフラー。ノーマルは静粛性では文句なしですが、ちょっとフン詰まり気味で、高回転域では実に辛そうに回ってます。やっぱりトップエンドまで気持ち良く回って欲しいのが人情と言うもの(^_^;)。外すと分かりますが、重量も物凄いし・・。
MAC、RPM、ジャーマーズ、レオビンチ、スコーピオン、etc...色々選べるので、ぜひとも好みの1本に換えてみて、スポーツ・スクーターのランナーを楽しんで下さいな。
[PR]

by koha67 | 2010-07-18 04:22 | ジレラ・ランナー

ジレラランナーFX(R) インプレ

b0160295_6261781.jpg

言わずと知れた最も過激な2stスクーター。'03で販売終了してしまいましたが、2stレプリカを引退したオヤジライダーの間でスクーターでスポーツするなら、やっぱり2stランナーだよ!と、今でも根強い人気。初めて乗った時、NSRと同じニオイがしましたヨ。 さぁ、オヤジども!コイツに乗って、小僧時代を取り戻すのだ~(>o<)/ 

(長所)
・スポーツスクーター!2stランナーは正真正銘のスポーツスクーターです。115kgの車体は軽い軽い!走る・曲がる・止まるが、とにかく軽い!まるで原付感覚です。反面、4stランナーのようなシットリした高級感は全然ないです・・(^_^;)。同じ車体とは思えません。とにかく乗ってて楽しいバイクです!
・改造し放題。ノーマルはパワーが抑えられてる感がありますから、イジればイジるほど速くなります(^o^)/ 各メーカーからチューニングパーツも盛り沢山♪ドイツやイギリスから、頑張って輸入しましょう。最近、PMチューニングからタンク別体サスが出たのを知ってる人は多いかもしれませんが、シグ乗りの間では有名なシャーク・ファクトリーにも、Stage6ブランドで2stランナー用があります。斜め出しタンクに萌えます(;´Д`)ハァハァ。でも値段が凄い・・。

(短所)
・通勤にはイマイチ(-_-;)。いえ、普通に使ってるタフな人もいますけどね。フルノーマルなら穏やかだから大丈夫かな。チューニングして行くと、楽しくなる反面、神経質で疲れるバイクになるので、毎日の通勤には辛いですよね。それなりにイジって、遊びで乗るのが似合うバイクだと思います。
・金が掛かる。あらゆる部分に、チューニングパーツが揃ってるのは有難いのですが、どれも高価な舶来パーツ。欲求を満たすことに夢中になってると、アッという間に50万、60万と掛かって行きます。シグXやアドV用の安い台湾パーツがうらやましくなりますね(-.-;)。
・ダメダメ・デロルト・キャブ。国産のケーヒン・キャブに換えるのは、もう常識ですね。仰天するほど、パワーが上がります。燃費も上がります。ノーマルマフラーならPE24。チャンバーならPWK28がオススメでしょうか。
・軽すぎるハンドリング。4stのインプレと同じです。もう少し接地感が欲しい感じですね。だからと言って、フロントをガチガチにしてる人がいますが、それは間違った方向だと思います。サスは動いてナンボ!マロッシ・フォークは、32Sだと6cm、36Rは10cmフロントが下がるようです。接地感はだいぶ上がりますし、ハンドリングもクイックになって、スポーツ走行しやすくなりますね。
[PR]

by koha67 | 2009-09-07 01:52 | ジレラ・ランナー

ジレラ・ランナーVX(R) 4T(Gilera Runner) インプレ

b0160295_7311477.jpg

RST、STと、4stランナーはすっかり形を変えてしまいましたが、少し古い人間にとって、ランナーと言ったら、やはりコイツですね。見飽きないセクシーな曲線が魅力的です。実は私は、元々このデザインにあまり惹かれてませんでした。買った後に眺めていたら、段々魅了されちゃいました(^_^;)。これぞイタリアン・マジック!?奥の深いデザインなんだと思います。膨らんだフロントと絞られたセンター、キレイに伸びたテール。女性の体をヒントにしたと言うコカコーラの瓶のように、セクシーなラインを持ってます。オーナーさんはみんな、このラインに惚れ込んでる事でしょう♪
じゃじゃ馬な2stと比べると、こちらはややラグジー志向です。シットリとした高級感が味わえます。とは言っても、上から下まで完全なスポーツスクーターなので、国産ビグスクのようなヤボったさ皆無で、軽くてとても速いバイクです。乾燥重量135kgはダテではありませんね!そういえば、ホンダから軽量・コンパクトスクーターのFAZEが出ましたが、重量180kgって・・・(-_-;)オイ。コンパクトと言いながら、立派に見せたくて少し大柄にデザインしたって・・(-_-;)オイオイ。国産でスポーツスクーターって、一生出ないのかな。

出だしで一瞬もたつく短所も、マロッシ・マルチバでアッサリと解決して、出だしから最高速まで気持ち良く走ります!100km/h超えた辺りからエンジンが辛くなりますが、これはフン詰まり純正マフラーのせいで、MACに換えたらストレスなく回るようになりました。あ、MACは200用なので、125に付けると抜けが良過ぎで下のセッティングが出ないですねぇ。
b0160295_7312362.jpg

(長所)
・シットリ・スポーツ。完全なスポーツスクーターで、常に挙動は軽く、ストレスなく走れると同時に、シットリと高級感のある乗り味をしています。ガンガン攻めるも良し、ジェントルにクルージングするも良し。
・ブレーキ。コントロール性は高いですね。でも、純正パッドはもう少し効いて欲しい感じもあります。パッドを替えるか、ローターを大径の物にすると、かなりの好感触になります。
・素直なハンドリング。素直でスポーティーなハンドリングです。ちょっと軽快過ぎるという声も・・(^_^;)
・エンジンも軽快。ブンブンといくらでも回る感じです。緩やかな下りで、ノーマルでも1万500rpmも回った事があります。
・明るいライト。ヨーロッパ車は、どれもライトが暗いものなんですが、ランナーは例外です。HIDはいらないかな?と思わせるほど、純正ハロゲンでも明るいんです。
b0160295_6331761.jpg

(短所)
・ヘンなポジション。初めて乗った時は、あまりに立ったポジションに、うろたえてしまいました(^_^;)。これでスポーツ走行しろと?( ゚Д゚)ハァ?? もちろん、しばらく乗っていれば、慣れてガンガン走れるようになります。軽いバイクなので、足着きの悪さは大した問題ではないですね。
・フロントの接地感。軽快なハンドリングは長所ですが、ちょっとヒラヒラと軽すぎる短所も持ち合わせています。なので、マロッシの全長の短い赤フォーク(F32S)や銀フォーク(F36R)に交換する人は多いですねー。これらはフロントの車高が落ちて接地感が増すだけでなく、自分好みにイニシャルやダンパー調整が出来ます。短くなった分、より過激に曲がるようにもなります。高いパーツですが、効果は大きいと思います。
・いい加減な燃料計。タンクが入り組んだ形をしているため、燃料メーターの動きが一定ではありません。全然減らないなぁ・・なんて思ってたら、突然半分に!残り1/3だなぁ・・なんて思ってたら、突然ゼロになったりまた増えたり(^_^;)。最初はビックリします。あと、給油のときは、オートストップで止まった所でやめておいた方が無難です。
b0160295_553363.jpg
b0160295_554688.jpg

[PR]

by koha67 | 2009-09-06 02:30 | ジレラ・ランナー