イタリアン・スクーター・JT工房


ジュンタローと申します。横浜市鶴見区で、趣味と実益を兼ねて、イタスク・台湾スクを中心に、メンテ・改造しています。周りに診てくれるショップがなくお困りの方、お気軽にご相談下さいね(**@gmail.com)。
by koha67
カテゴリ
全体
ジレラ・ランナー
イタルジェット・ドラッグスター
ピアジオ・ZIP
アプリリア・エリア51
プジョー・スピードファイト
マラグーティ・F12ファントム
PGO・PMX
キムコ・スーパー9
ヤマハ・マジェスティ125
アプリリア・スポーツシティ
キムコ・グランドディンク
デルビ・GP1 250
ジレラ・タイフーン
アプリリア・SR50
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
プロフィール
車メーカーの技術屋や、イタリアン・バイクの整備士などを経験しつつ、現在は趣味でイタリアン・スクーターや台湾スクーターにハマっております。マイナーなバイクゆえに、診てくれるバイク屋がなく、困ってる人の助けになればと思い、ブログで整備&改造のネタを紹介しております。自力ではちょっと・・という方は、本業の合間になってしまいますが、ガレージでの整備&改造も承っております。お気軽に、下記アドレスまでご相談下さい。by ジュンタロー(**@gmail.com)
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

スポーツシティ・ダントツ号 カスタム

b0160295_601392.jpg
コンビニフック交換
ヨレヨレ・グニャグニャの純正からPGOの物に交換しました。写真でも一目瞭然ですが、PGO製は実にシッカリ作ってあり、重い荷物を掛けてもビクともしません。

b0160295_603381.jpg
b0160295_6372527.jpg
b0160295_605632.jpg
スクーターファンEXのダントツ号レポートにありましたように、JT工房名物のシートオープナーを、スポシテにも追加しました。車のトランクオープナーを流用するのですが、スマートなスポシテは、設置スペースが見つからず苦労しました。追加パーツは、写真のように、トランクオープナー、プッシュスイッチ、リレーです。しかし、キーを差し替えなくてもボタンポンッ!でシートロックが解除出来るのは、実に有り難いものです。最初から装備されてるバイクも多いので、これに慣れてしまうと、キーの差し替えはかなり苦痛になるものです。エーモン製プッシュスイッチは、夜はとてもキレイなアイスブルーに光るんですよ。

b0160295_61754.jpg
ダントツ号にはソーラムの高級HIDが装備されてましたが、色が4300Kでハロゲンと同じ色。何だかHIDっぽくなかったので、ヤフオクでバルブのみ購入して付け替えました。コネクター形状が違っていたので、それも併せて購入して付け替え。国産のHIDは、各社独自のコネクターを使っていて、ヤフオクで出回ってる中華製の汎用防水コネクターとは合わない(トレーに載ってるのがソーラムのコネクター)です。

車体が黄色なので、光も3000kの黄色にしてみました(笑)。というか、最近はHIDもすっかりメジャーになってしまい、6000kの白い光では、夜は車の光の中に埋もれてしまい、目立たないのでは?というのが黄色にした理由です。

ちょっと不思議なのは、同じ3000kの商品でも、製品によって黄色の濃さが全然違います。88ハウスの物は良く吟味されたゴールドバルブという感じですが、ヤフオクの中華製は、フォグランプ用みたいでかなり濃い黄色でした。

しかし、HIDも安くなりましたね!5千円出せば2灯フルセットが買えますし、今回のバルブ単体に至っては、送料込みで2灯3千円ほど。もうハロゲンバルブと値段は互角♪ 飽きたら軽い気持ちで色んな色が試せますね~。こんだけ安ければ、アフターケアが心配でも中華製でいいかな?と思ってしまいます(^_^;)

b0160295_611878.jpg
横浜赤レンガ倉庫前
[PR]

# by koha67 | 2010-03-11 06:01 | アプリリア・スポーツシティ

ジレラ・タイフーン HID投入

b0160295_4245412.jpg
b0160295_4261159.jpg

ライトを加工して、H4(Hi/Lo)のHIDを投入しました。最近はバラストユニットが薄型になったので、設置スペースに余裕の無いタイフーンでも、無理なく付けられます。
[PR]

# by koha67 | 2010-02-28 04:26 | ジレラ・タイフーン

デルビ・GP1 250 基本メンテ

b0160295_4194213.jpg
GP1というバイクはとにかくカッコイイですね!見てるだけで惚れ惚れします(^o^)/。もうスポーティを完全に通り越し、レーシーと言えるスタイル!スペインのバイクは熱いですね~!しかし、乗ってみると実に普通なので驚きます。旧型ランナーのように、目を吊り上げてコーナーを攻める感じではないんです。ホイールを見てみると、前14インチ・後13インチと、現在のランナーと同じで、安定志向な設計なのが分ります。なので、見た目で過激な乗り味も期待してしまうと、ガッカリしてしまいますが、見た目は過激でも中身は普通が良い!って言う人には打って付け。毎日の通勤でも十分使えるようです。

雨の日も風の日も、通勤で酷使されている初期型GP1250です(^_^;)
全体的にヤレまくってしまっているのですが、今回はとりあえずリアブレーキの抜け修理と駆動系メンテ・ステムの締め付け調整をやりました。
b0160295_674438.jpg
b0160295_682835.jpg
駆動系は減りまくっていたローラーとスライドピースを交換。ベルトは意外と減ってなかったのですが、距離を走っているので念の為交換。クラッチやトルクカムもチェックです。プーリーとボスのガタも少し出てきてますが、まだ許容範囲なのでそのまま組みました。ついでにギアオイルも交換。
b0160295_69554.jpg

次に、ゆっくり握るとレバーがグリップにくっ付いてしまうリアブレーキ。マスターシリンダーのカップがヤレてしまったのか、抜け気味になってます。メーカーは、メジャーなグリメカではなく、私の嫌いなAJP製。プジョーやドラスタにも使われてます。コイツはなかなか作りが悪いので、キャリパー側もマスター側も動きが渋い(-_-;)。さて、マスターのピストンとパッキン類を交換だぁ~!と思いきや、どうやってもそれらの補修パーツが見つかりません(-_-;)。純正では、高価なASSY交換になってしまいます。超マイナーなドラスタ用でも買えるのに、デルビ用となると現役なのにどこにもありません・・。試しにダメ元で他車種のAJPオーバーホールキットを買ってみたところ、写真のように物が全然違う有様(>_<)。
b0160295_695130.jpg

しょうがないので、マスターをホーニング、グリスアップして組み上げます。少しでも抜け症状が改善される事を祈って・・。ヤレてしまったパッキンが直る訳ないんですけどね(^_^;)。唯一交換出来たパーツは、ピストンを抑えるサークリップ。純正は普通のタイプで、ピストンが斜め抑えられてしまってました。これだと、パッキンが斜めに潰れるので、早々に圧が抜ける原因になるかも。ダメ元で購入したピストン補修キットには、ツバ付きサークリップに改良されていて、ピストンを真っ直ぐ固定してくれます。これに期待しつつ組んだところ、とりあえず抜けは収まりました。いつまで持つかな・・?
最終的には信頼のニッシンやブレンボのマスターと交換して、スッキリ解決するのが確実でしょうね。

しかし、デルビはヨーロッパのパーツ屋に、全然部品のラインナップがありません・・。高価なバイクですが、パーツも高価な純正を注文するのみになるので、オーナーさんは覚悟が必要のようです。ただエンジンだけは、メジャーなピアジオ・クォーサーなので、その心配はないですけどね。
[PR]

# by koha67 | 2010-02-28 04:20 | デルビ・GP1 250

キムコ・グランドディンク 55W HID導入

b0160295_352684.jpg
b0160295_352327.jpg

[PR]

# by koha67 | 2009-12-02 03:52 | キムコ・グランドディンク

PGO・PMX110 naked インプレ

b0160295_611130.jpg

見るからに楽しそうな雰囲気のオフロードタイプのスクーター(^^)。適度な排気量の2stエンジンは元気いっぱい。車体も軽いのでとっても乗りやすいスクーターです。特にフロントは軽いので、ウィリーマシンとして楽しんでる人も多いようで~♪

b0160295_613598.jpg
(長所)
・自由度の高いポジション。足を投げ出してののんびりクルージング、足を後ろに置いて腰を入れてのコーナーリング、どちらも実に良いポジションなんです。ネイキッドのバーハンドルは、やけに大きいのですが、左右を数センチ切る事でビックリするほど良いポジションに変化します。これ絶対にオススメ♪
・パワーのある2stエンジン。2st二種スクはやっぱり速い!といっても、フルノーマルだとイマイチでした。なんかわざと抑えてる感じなんです。そこで、絞ってあるエアクリケースの吸入口をいっぱいまで拡大して、キャブをセッティングしてやると、気持ちの良い加速をしてくれるようになります。エンジンの掃排気ポートもちょっと小さめになってるので(特に排気側はあからさま)、拡大してやると、出だしからトップエンドまで、かなり気持ち良く回るようになります。出だしからアドV125を離せます!あ、イジったアドVには負けたッス・・(-_-;)

b0160295_58165.jpg

(短所)
・足着き悪し。コンパクトな車体ですが、やっぱりヨーロッパ向けだけあって、シート高は高めです。軽いので、特に問題もないんですけどね。
・ガサツなエンジン。エンジンや駆動系から、色々とメカノイズが出てて、回すとガサツな感じです。工作精度の悪さが原因でしょう。
・振動が凄い。100cc以上の2stなので、どうしても振動が大きめです。プジョーもそうでした。精度の悪さも振動に繋がってる感じ。この振動のせいで、乗り始めてしばらくは振動でアチコチのネジが緩みました(^_^;)。あ、ポート研磨したら振動が減りました。
・硬いリアサス。2ケツを考慮しているので、どうしても硬めの設定になりますね。一人で乗ってると突き上げ感が強いんです。しかも半年足らずでダンパーはスカスカに抜けてしまいました(>_<)
・精度が悪い。上の3点の原因は、全て工作精度の悪さが問題・・。KYMCOや台湾ヤマハと比べると、PGOはどうしてもワンランク落ちますね。とはいえ、単純な空冷2stバイク。大したトラブルもなく、超便利なゲタバイクとして、大活躍しております。
[PR]

# by koha67 | 2009-09-14 06:01 | PGO・PMX